Rail Link 【鉄道ブログ】

Rail Link レイルリンク鉄道ブログへお越しくださいましてありがとうございます!!好きな路線(東急東横線、東海道本線(東京口)、伊豆急)を中心に情報発信していきたいと思います。

浜松工場新幹線なるほど発見デー

7月23日(土)24日(日)に浜松工場新幹線なるほど発見デーが開催されました。

ということで、初日の23日に行ってきました。

今年は、「わくわく体験!JR東海浜松工場を見に行こう」という

日帰りツアーに参加しました。

 

f:id:RailLink:20160727233507j:plain

◆今回の切符。磁気券ではなく紙なので、改札は有人窓口から入ります

 

 

 

 

f:id:RailLink:20160727233118j:plain

◆利用する新幹線到着まで時間があるので上りホームから「はまかいじ」を撮影

 

f:id:RailLink:20160727233119j:plain

◆下りホームに行き、いざ出発です

 新横浜8時16分発「こだま」に乗車。JR西日本所属の700系でした。

 

 

f:id:RailLink:20160727233120j:plain

◆三島にて富士山がてっぺんのみ見えます。

富士山が見えたのはこの数分だけで、三島駅を発車する頃には雲に隠れてしまいました

 

f:id:RailLink:20160727233121j:plain

掛川駅に入る手前。掛川城が見えます。

 

f:id:RailLink:20160727233122j:plain

◆浜松駅に9時59分到着。

 

f:id:RailLink:20160727233149j:plain

◆浜松駅前

 ゆるキャラグランプリに輝いた「出世大名 家康くん」の植木。

 来年の大河ドラマ井伊直虎の宣伝もあります。

 

f:id:RailLink:20160727233123j:plain

◆貸切バスにて浜松工場に楽々移動。11時前には到着

 

まずはN700Aの運転台見学です。

f:id:RailLink:20160727233124j:plain

◆意外とシンプルな運転台です

 左側のハンドルがブレーキで、右側が力行(車でいえばアクセル)です。

 ブレーキは固定されていて動きませんでしたが、

 力行は動かすことができました。

 

f:id:RailLink:20160727233125j:plain

◆触っちゃダメなところはテープなどが貼ってあります。

 足元のペダルで警笛を鳴らそうと踏んでみましたが、

 音が鳴らない設定になっているそうです。

 

運転台見学の後は集合時間まで自由見学。

お弁当付きツアーなので、運転台を見学した車両の中間車が休憩スペースになっているので、車内でお昼ご飯です。

f:id:RailLink:20160727233126j:plain

おにぎり2個(うめ、おかか)コロッケ、エビフライ、唐揚げ、卵焼き、漬物

ウインナー、ポテトサラダ、ゼリー、お茶です。

味は普通です。

 

腹ごしらえの後は、時間もないので今回のメインイベントである、

新幹線の車体上げ・載せ実演を見学です。

 

f:id:RailLink:20160727233127j:plain

◆車両は庫内の中央付近にセットされています。

 

f:id:RailLink:20160727233128j:plain

◆まずは上に釣り上げられていきます。

 

 

f:id:RailLink:20160727233129j:plain

◆一旦観客側に移動し手前に近付いてきます

 

f:id:RailLink:20160727233130j:plain

◆段々とこちらに近付いてきます

 進むにつれて、みんなの歓声が大きくなります

 

f:id:RailLink:20160727233131j:plain

◆間近まできてストップします。やっぱり新幹線のデカさに圧倒されます

 

f:id:RailLink:20160727233135j:plain

◆台車が設置されている所に降りてきます

 この後、再び上に釣り上げられ、もとの場所まで戻って行きます。

 

検査方法が変更されるため、発見デーとしては、

最後の車体上げ・載せ実演ということで大勢の方々が見守っていました。

車体上げ・載せ実演としては、9月に見納めイベントをやるそうです。

 

 

f:id:RailLink:20160727233136j:plain

ドクターイエローの車両展示

 ドクターイエローの前で記念撮影ができるので人気スポットになっています

 

f:id:RailLink:20160729070129j:plain

◆4号車の軌道検測用台車も間近で見られました

 

 

f:id:RailLink:20160727233140j:plain

◆方向幕の展示

 方向幕がぐるぐる回転させていろいろな幕を見せてくれます

 

f:id:RailLink:20160727233137j:plain

◆団体

 

f:id:RailLink:20160727233138j:plain

◆臨時

 

f:id:RailLink:20160727233139j:plain

◆試運転

 

f:id:RailLink:20160727233141j:plain

◆修学旅行

 

f:id:RailLink:20160727233142j:plain

◆連結器カバーが外されている所

 

その他、屋上、床下機器の説明・展示などがされていました

また、今年から小学生以下向けに新幹線車内の早業お掃除体験などもできるそうです。

 

f:id:RailLink:20160727233143j:plain

◆通用門前のレリーフ

 廃車になった0系新幹線のスカートを2本を組み合わせて浜松工場の検査基本である

 ダブルチェックを表現しているそうです

 

13時50分に集合して次の見学地である自衛隊広報館エアパークに移動です

 

f:id:RailLink:20160727233145j:plain

◆展示倉庫内

 過去に使用された航空自衛隊の飛行機やヘリコプター、零戦などが展示されています

 

本館にはF2戦闘機の説明や浜松基地の説明、映像ホールなどがありました。

14時30分頃から約1時間見学しました。

 

 

次はうなぎパイ工場の見学です

 

f:id:RailLink:20160727233146j:plain

◆工場内部

 焼かれたばかりのうなぎパイが袋詰めから箱詰め包装までオートメーションで

 流れて行きます

 

f:id:RailLink:20160727233147j:plain

◆記念撮影用の大きなうなぎパイの袋

 

工場内では映像でうなぎパイの製造工程を学ぶことができます

 

f:id:RailLink:20160727233148j:plain

うなぎパイトラック

 

渋滞なども考慮し、16時から約30分見学で浜松駅に移動です。

できたてのうなぎパイを大量購入したのは言うまでもありません。

 

 

f:id:RailLink:20160727233151j:plain

◆浜松駅17時44分発こだま670号で帰宅です 

 

 

〇今回のツアー良否まとめ

 

◎ツアーの良かった点

  • 料金が往復で安い                           (13000円(新横浜発着)で新幹線往復だけで比較しても、通常は14680円なので1680円お得です)
  • 貸切バスでの送迎                            (個人で無料送迎バスに乗ると並ぶのが大変です)
  • N700系運転台見学も含まれている                     (個人だと事前にハガキによる抽選に申込む必要がある)
  • その他施設見学(航空自衛隊エアパーク、うなぎパイ工場)がある      (個人ではなかなか行かない施設への見学ができる)

✖マイナス点

  • 見学時間に制約がある                         (ツアーのスケジュールが決まっているため)
  • 浜松工場だけ見たい場合は他の施設見学がいらない            (ツアーだと浜松工場見学は約3時間弱しかありませんでした)
  • 乗る列車が指定されてしまう                      (指定された「こだま」しか乗れませんでした700系なのでWifiが使えない)

 

といったところです。

ありがとうございました。

 

 

 

◆関連商品

 

新幹線 EX (エクスプローラ) 2016年 06月号 [雑誌]

 

新幹線50年史修正版

 

最新新幹線事情 [ 梅原淳 ]

 

【送料無料】 KATO 【Nゲージ】923形3000番台 <ドクターイエロー> 3両基本セット[KATO10896]

 

【送料無料】 TOMIX 【Nゲージ】 92429 JR 923形新幹線電気軌道総合試験車(ドクターイエロー)基本セット

 

 

 

 


広告を非表示にする

ブログランキングご協力お願いします

鉄道コム

格安ツアー